今まで、Huluは倍速再生に非対応でしたが、2020年2月倍速再生に対応しました。

Huluは、月額933円(税別)で約7万本以上の動画が見放題

いろんな作品を観たいけど、なかなか時間が取れない!そんな時に動画の視聴時間を短縮できる倍速再生はホントに便利です。

ほかにもあると便利な再生機能「OPスキップ機能」「オートプレイ(自動再生 )」「レジューム再生」「シームレス再生」に対応しているか一覧にしました。

倍速再生
OPスキップ機能
オートプレイ
レジューム再生
シームレス再生

それぞれの機能について、詳しくお伝えしていきます。

Huluの倍速再生について

再生速度は5種類
  • 0.8倍
  • 1.0倍(標準)
  • 1.2倍
  • 1.5倍
  • 1.8倍

1.8倍はけっこう早めですが、慣れてしまうと問題なく視聴できます。

走ったり、アクションシーンの動きがキビキビと早くなって、それがまたちょっと面白かったりします。

速度設定は簡単にできるので、自分に合う速度で視聴してください。

速度を早くするだけでなく、0.8倍のスロー再生にも対応しています。字幕オフにすれば、英語学習にも最適です。

倍速再生に対応のデバイス
  • パソコン
  • Androidスマートフォン/タブレット
  • モバイルアプリのiPhone/iPad
  • Amazon Fireタブレット

倍速再生の操作方法

  1. 動画再生時に表示される歯車マークを選択
    Hulu倍速再生
  2. 再生速度を選択
    Hulu倍速再生

再生速度は視聴中の動画に適用されます。連続再生の場合、設定中の再生速度は次の動画にそのまま引き継がれますが、いった再生を閉じると、1.0倍(標準速度)に戻ります。

HuluはOPスキップ機能に対応

OPスキップ機能とは、オープニングを飛ばすことができる機能です。

連続ものの作品で「オープニングは1回見たらもう十分」という人も多いはず

そんな時に、オープニングをポンと飛ばして本編から視聴できるのが「OPスキップ機能」です。

HuluOPスキップ機能

しかも、オートプレイ(連続再生)をONにしておけば、続けて視聴する際に2話目以降は自動的にオープニングがスキップされます。

ただし、HuluではOPスキップ機能に対応しているのは一部作品のみです。また、キッズプロフィールはすべて非対応になっています。

すべての作品に対応していませんが、それでもOPスキップ機能があると便利です。

現在、OPスキップ機能に対応している動画配信サービスは、Hulu・Netflix・dアニメストアの3社だけです。

Huluはオートプレイ(連続再生)に対応

オートプレイ(自動再生)とは、視聴が終わると次の話を自動的に再生する機能で、ドラマやアニメなど連続ものの作品を視聴する時に便利です。

オートプレイに対応しているデバイス
  • パソコン
  • スマホ/タブレット
  • テレビ
  • Apple TV

Huluはレジューム再生に対応

レジューム再生とは「続きから再生」のことで、動画の視聴を途中で停止しても、続きから再生できる機能です。

この機能については、どの動画配信サービスでも対応しています。正直言って、今時レジューム再生ができないのはあり得ないですよね。

Huluはシームレス再生に対応

シームレス再生とは、途中まで視聴した動画を、あとで別のデバイスで視聴しても前回の停止位置から再生できる機能のことです。

Huluでは、全てのデバイスがシームレス再生に対応しています。視聴していたデバイスを変更しても、同じプロフィールであれば、作品を続きから視聴できます。参考:Huluヘルプセンター

再生するデバイスが違っても、同じアカウントでログインすれば、視聴履歴がリンクするため続きから再生されます。

まとめ

最後に、各動画配信サービスの再生機能を比較しました。

VOD名 倍速再生 OPスキップ 連続再生 レジューム再生 シームレス再生
Hulu あり あり あり あり あり
U-NEXT あり なし あり あり あり
dTV あり
※PCは非対応
なし あり あり あり
Netflix なし あり あり あり あり
アマプラ なし なし あり あり あり
FOD なし なし なし あり あり
Paravi あり なし 不明 あり あり
dアニメ あり
※iSOのみ対応
あり あり あり あり
TSUTAYA TV あり なし あり あり あり
関連キーワード
おすすめの記事