※引用:TVN

「青春の記録」視聴しました。

俳優として成功を夢見るヘジュン(パク・ボゴム)とメイクアップアーティストの卵であるアンジョンハ(パク・ソダム)

この2人を軸に、現実の厳しさに立ち向かいながら、夢や愛を叶える青春恋愛ドラマ

恋愛だけでなく、家族との関係、仕事、男同士の友情などいろいろな要素が詰め込まれていて、それなりに楽しめました。

ただね、ドはまりはしませんでした。なんか中途半端で、泣いたり、切なかったり、すごくいいドラマでしたという感じではなく、まぁいいドラマだったかなくらい

パク・ボゴムのためのドラマですね。

キラキラオーラが半端なくて、これで売れない俳優とか・・・ありえない!と突っ込みながら見てました。

俳優役なので、ドラマの中でいろいろな役を演じる姿を観るのがけっこう楽しかった

このドラマの出演をきっかけに人気が出るヘジュン♪

パク・ボゴムのファンでない私でも、かっこいい~と思うくらいなので、パク・ボゴムのファンは必見のドラマです。

韓国では視聴率がよかったそうですが、全体に漂うキラキラ感のおかげか中盤から重たい展開になりますが、あまり気にならずに視聴できました。

ここからはネタバレを含みながらのあらすじや感想をお伝えします。

サ・ヘジュン(パク・ボゴム)は、鳴かず飛ばずの俳優

時々、モデルの仕事は入るけど、普段はバイト三昧の生活

有名デザイナーのチャーリー・チョン(イ・スンジュン)から目をかけられ、パトロンの申し出をされます。

でも、ヘジュンはきっぱり断ります。

もともと、パク・ボゴムは弟キャラでブレイクした人ですが、「青春の記録」では、真っすぐで自分の意志を貫き通す、悪く言えば、頑固で融通の利かない性格になっています。

家族は、おじいちゃんと両親、お兄さんの5人家族

この画像を見る限り、ほのぼのとした家族のように見えますが・・・

子供の頃から優秀な兄と比較され、怒ってばかりいるお父さんとは顔を合わせれば衝突ばかり

まぁ、確かに26歳にもなって、定職にもつかない、兵役にも行ってない、親として心配のあまり小言も多くなるのも仕方ない・・・

家族の中で唯一ヘジュンを応援しているのがおじいちゃんだけ

ただ、このおじいちゃん、息子にいろいろ迷惑をかけている立場上、全然ヘジュンの助けにならず

お母さんは、心配しながらひそかにヘジュンを応援して見守っています。

きらびやかな芸能界を描きながら、家族そろって食事のシーンとかホームドラマ的な要素がしっかりと入っています。

ヘジュンの成功で、家族関係も修復します。よかったねと思いつつも、なぜか感動が薄くて・・・

ヒロインのアン・ジョンハ(パク・ソダム)はメイクアップアーティスト

大企業をやめて、メイクアップアーティストとして成功することを夢見る女性

センスがあり腕も良いため、職場でも徐々に認められますが、それに嫉妬した先輩にいびられます。

そんな時は、大ファンであるヘジュンの待ち受け画像を見ては元気を回復する日々

そんな彼女が、ファッションショーで偶然ヘジュンのメイクを担当することになります。

※引用:TNK

これがきっかけで、2人は友達になります。でも、ジョンハはとっさにヘジュンのファンなのを隠します。やっぱり、恥ずかしいのかな?

どんどん距離を縮める2人

イチャイチャラブラブシーンがほほえましくて

公園のグランドピアノを弾くシーン

公園にグランドピアノ!絶対ありえないけど、韓ドラの恋愛ものにはあるある

2人で楽しそうにピアノを弾いて、そこからのキスシーンとか

ド定番過ぎだろ~(//∇//)

ヘジュンの親友ヘヒョ(ピョン・ウソク)もジョンハのことが気に入ってたので、2人が付き合いだしたことを知り、ショックを受けます。

でも、ヘジュンとは親友なので、自分の気持ちを隠します。

そう、ヘヒョは友人想いで性格良し、ルックス良し、裕福な家のお坊ちゃまという素敵な男性

いかにも裕福な一家ですね~

ヘヒョもモデルから俳優に転身、売れっ子ではありませんが、ヘジュンよりは知名度があります。

実は、ヘヒョのお母さんのバックアップで仕事がとれているのですが、本人は知りません。

お金持ちなので、ヘジュンのようにバイトに明け暮れる必要もなく、かなり恵まれた環境にいます。

こういう友人が身近にいて、同じく俳優業をしていたら、ヘジュンもきついだろうなと

その後、ヘジュンがブレイクして俳優としての立場が逆転

忙しいヘジュンはジョンハとすれ違いばかり、そこに入り込むかのようにヘヒョがジョンハに近づきます。

もしかして、ヘヒョ悪い奴になっちゃう???

でも、ヘヒョは最後までジョンハの友人という立場を崩しません。

どんどんスターになっていくヘジュンと自分を比べ、ヘジュンへの劣等感から衝突しますが、その気持ちを理解するヘジュン

ヘジュン自身もヘヒョに劣等感を持って顔を見るのも嫌になった子供時代があったから

ヘヒョ役のピョン・ウソクの出演ドラマを調べてみたら、なんと「麗~花萌ゆる8人の皇子」に出てた

でも、どの役?と思ったら、IUの元彼でIUの親友と浮気して、借金をIUに押し付けて逃げちゃったクズ役でした。出演時間が短かったから全然覚えてないけど

ピョン・ウソク、背が高い!パク・ボゴムだって背が高いのにさらに高い!スタイルも抜群

それもそのはず、ドラマさながら、ピョンウスクはモデルから俳優に転身しています。

ヘジュンもヘヒョも本当にいい子たちで、もう1人の親友キム・ジヌ(クォン・スヒョン)もいい子でした。

ジヌの父親は大工で、ヘジュンの父親と仕事仲間

ですから、ヘジュン一家と家族ぐるみの付き合いをしています。

ジヌは、写真家を目指していますが、彼がいるから3人のバランスがうまく取れているのかなと

ヘヒョの妹ヘナ(チョ・ユジョン)と付き合っていますが、結局親の反対を押し切れずに破局します。

ヘヒョとヘナのお母さんがとにかく強烈

子供の仕事、人生に徹底的に口をはさむタイプのオンマ

ヘヒョのインスタのフォロワー数をお金で買って増やしたり、ドラマにキャスティングされるように根回ししたり、すべては子供のためをという気持ちに嘘はないと思うけど、こういうお母さんって子供からしたらしんどいはず

それとは、対照的なのがヘジュンのオンマ

余計な口は挟まず、ヘジュンを信じて見守っています。

ヘジュンのオンマは、うちにお金がないせいでヘジュンを助けられないって嘆きますが、関係ないよ~。最終的には実力がものをいう世界だから

ヘジュンのもう1人の理解者がおじいちゃん

どうやら若い頃は俳優になれるくらいのイケメンで、仕事もちゃんとしていなかったのか、家族にかなり迷惑をかけていたようです。

ヘジュンのイケメンはおじいちゃん譲りみたいです。

挙句の果てに詐欺にあい、住む家を失い、息子一家にお世話になっている立場

なので、息子に頭が上がらず、肩身の狭い思いしていますが、このおじいちゃん、心が温かくてホントにいい人

お父さんは、優秀な兄の方ばかり可愛がり、ヘジュンには怒ってばかり

ヘジュンの兄ギョンジュン(イ・ジェウォン)は、一流大学を卒業後銀行に就職した自慢の息子ですが、会社ではイマイチ仕事ができず、その上、詐欺にもあったりして、頼りがいのないタイプ

頭は良いけど、社会に出たらイマイチ使えないってやつですね。

子供の頃からヘジュンのことをいじめていたみたいですが、ヘジュンがネット上で中傷されると反論したり、いいところも結構あります。

ヘジュンがブレイクした途端に再び近づいてきたのがイ・テス(イ・チャンフン)

ヘジュンが契約していたモデルエージェントの代表ですが、こいつがすごくイヤな奴で

ヘジュンのギャラをかすめ取っていたくせに、ヘジュンが自分から離れたのが面白くなくていろいろ邪魔だてをしてきます。

悪い噂を流したり、ホントイラついたー!でも、業界人としては有能なんだよね、この人

正反対なのがイ・ミンジェ(シン・ドンミ)

もともとはミンジェもイ・テスの元で働いていましたが、辞めた後、ヘジュンのマネジャーになります。

明るくてとてもいい人、一生懸命ヘジュンを売り出そうと奔走します。

でも、ドラマのキャスティングに内定しても、イ・テスが邪魔をしておじゃんに!イライラしたーヽ(`Д´#)ノ

ヘジュンがスキャンダルに巻き込まれても、小さい事務所だからもみ消しが後ろ手に回ってしまって、そのことでミンジェがひどく苦しみます。

契約更新がなくても仕方ない、ヘジュンの決断に従うというあたり、ミンジェはホントいい人です。

パク・ソジュンがカメオ出演しますが、ミンジェはがもじもじしながらサインをもらうあたりが可愛い♪

「梨泰院クラス」にパク・ボゴムがカメオ出演したので、そのお返しにパク・ソジュンも出演したのかな?

パク・ボゴムとパク・ソジュンが並んでるシーンは素敵すぎ

チョン・ジア(ソル・イナ)はヘジュンの元カノ

美人で弁護士の卵、過去に2回ヘジュンを振っておきながら、ヘジュンが有名になるとまた近づいてくるイヤな感じの女性

ヘジュンに彼女がいると知ると、ますます手に入れたいと抜かしたり、前半はホント感じが悪く、なぜヘジュンはこんな女性と付き合っていたの?って思うくらい

ジョンハにも意地悪するのではとハラハラしましたが、特にジョンハに対して嫌がらせはせず、後半、弁護士になったジアはヘジュンを助けます。

ヘジュンの気持ちが自分に向いていないとわかると結構潔くあきらめたり、思ったよりイヤな人ではありませんでした。

ジョンハとジアは一見正反対のように見えますが、2人とも賢くて自立している点が似ています。

ヘジュンのタイプは知的で自立した女性なんですね。

そう、ジョンハは本当にしっかりとした女性

先輩の意地悪にも賢く立ち回るし、記者の取材にも決して感情的にならず冷静に対応します。

複雑な家庭環境のせいか、人に頼らず生きていくしっかりとした女性

そもそも推しのヘジュンと友達になっただけでも、普通は舞い上がるのに

そのヘジュンと付き合い始めても自分を見失わずにいるとこがすごい

でも、結局ヘジュンとのすれ違いや何やかやで別れを選択します。

ヘジュン、ショックだよね~

ブレイクして一気にスターダムにのし上がったヘジュンですが、様々なスキャンダルに巻き込まれて、もうハラハラ、イライラの連続でした。

まぁ、最終的にはスキャンダルも解決して、ヘジュンは人気絶頂にも関わらず、兵役に行く決心をします。

「青春の記録」パク・ボゴムの兵役前の作品ですが、この辺をかぶせていますね。

ヘジュンは父親とのわだかまりも溶けます。

2年後、兵役から戻ると

おじいちゃんはシニアモデルとして成功、息子との関係も良くなり、ヘジュン一家はめでたしめでたし

ヘジュンも除隊後の仕事は順調

ヘヒョも順調、ジヌも写真家として独立を決意

そして、ジョンハも忙しそうに仕事をしています。

ヘジュンとジョンハは、撮影現場で偶然の再会

もしかして、よりを戻すのかなという余韻を残して終わります。韓ドラの定番の終わり方ですね。

面白かったとは思います。でも、やっぱり中途半端感があって

ドはまりできなかったのはなぜ?と考えたら、共感できる人、思い入れできる人が誰もいなかったからかな

「青春の記録」を視聴できる動画配信サービスは、2020年10月現在でNetflixのみ

おすすめの記事