dTVチャンネルは、「倍速再生」「早送り・巻き戻し」「OPスキップ機能」「自動連続再生機能」「レジューム再生」に対応しているか調べました。

dTVチャンネルは、番組表に沿った「リアルタイム配信」「見逃し配信」の2通りの配信方式になっています。

機能 リアルタイム配信 見逃し配信
倍速再生 ×
早送り・巻き戻し ×
OPスキップ機能 × ×
自動連続再生機能 × ×
レジューム再生 ×
リアルタイム配信では「倍速再生」「早送り・巻き戻し」「OPスキップ機能」「自動連続再生機能」「レジューム再生」の機能はありません。ここでは、見逃し配信の再生機能について解説していきます。

dTVチャンネル倍速再生

dTVチャンネルは、見逃し配信のみ倍速再生に対応しています。

再生速度は3段階
  • 1.0倍
  • 1.5倍
  • 2.0倍

スマホで再生速度を変更する方法

再生中の画面にタッチし、右下に表示される×1.0をタップすると、再生速度を変更できます。

パソコンで再生速度を変更する方法

  1. 再生中の画面にカーソルを乗せる
  2. 歯車マークをクリックする
  3. 好みの速度に変更する

dTVチャンネルの早送り・巻き戻し

dTVチャンネルは、見逃し配信のみ早送り・巻き戻しができます。

スマホで早送り・巻き戻しをする

2通りのやり方があります。まず、再生中の画面にタッチします。

30秒早送り・10秒巻き戻しのアイコンをタップする
シクーバーを左右に動かして好きなところまで早送り・巻き戻しする

パソコンで早送り・巻き戻しする

パソコンの早送り・巻き戻しは、シクーバーを左右に動かす方法しかありません。30秒早送り・10秒巻き戻しのアイコンはなし

dTVチャンネルのレジューム再生

dTVチャンネルでは、見逃し配信のみレジューム再生に対応しています。

レジューム再生とは、途中まで視聴していた動画を前回の停止位置から再生できる機能です。

dTVチャンネルアプリ・WEBサイトの両方でレジューム再生OK!アプリで視聴していた作品をWEBサイトで再生しても、続きから見ることができます。

まとめ

dTVチャンネルでは、リアルタイム配信の番組は「倍速再生」「早送り・巻き戻し」「OPスキップ機能」「自動連続再生機能」「レジューム再生」に対応していません。

その代わり、見逃し配信の番組であれば「倍速再生」「早送り・巻き戻し」「レジューム再生」には対応しています。

リアルタイム配信中の番組だから「倍速再生」ができないのは当然と思うかもしれませんが、「dTVチャンネル」と同じインターネットテレビ局である「ABEMA」は、現在放送中の番組でも最初から再生できる「追っかけ再生」に対応、さらに倍速再生で放送に追いつける機能が備わっています。(※ABEMAプレミアムのプランのみ)

インターネットテレビ局を視聴したい人は、dTVチャンネルとABEMAを比較してみるのもオススメです。

おすすめの記事